スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
接客はプロスポーツ
 こんにちは! 筒木です。

 本日は、サッカーを事例に、プロ選手として成長する過程と、
 接客との関連性をみていきたいと思います。


 まず、サッカーをしようとすると、第一段階として、ボール
 の蹴り方を知る必要があります。

 もちろん自己流でもよいのでしょうが、蹴り方の基本を教わ
 ると上達が早いでしょう。
 また上達するためには、練習を欠かすことはできません。
 ボールを蹴る為の基本フォームを体に覚えさせていきます。

 第二段階は実践です。試合となると、臨機応変の対応が必要
 になります。基本フォームの応用を体得していきます。
 また自分のチームメイトや相手チームの動きを見て、ボール
 を受けたり、蹴り出していかなければなりません。

 第三段階は、実践は実践ですが、俯瞰の段階です。

 自分の立ち位置からは、フィールドに立つ全ての選手を見る
 ことはできません。
 ですが、味方の動きや相手の動きから想像して、俯瞰するこ
 とにより、どの位置にボールを蹴り出していけば良いかを見
 極めていく能力こそが勝利に結びつくとも言えます。

 第四段階は、プロとしての意識です。
 いくら技術が優れていても、観客がいなければ、プロチーム
 として成り立ちません。観客に楽しんでもらってこそプロと
 いえるでしょう。

 試合後、インタビューを受ける選手が、観客に向かって、感
 謝の言葉を言っているのが、その典型的と言えるでしょう。



 では飲食店や小売店での接客でみていきましょう。

 まず接客をしようとすると、第一段階として、基本的な言動
 を知る必要があります。

 それこそ「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
 の話法や、笑顔であったりアイコンタクトであったり、その
 店にとって必要な基本を習得します。

 第二段階は実践です。お客様の様子を見ながら、同僚の動き
 を見ながら、今自分は何をしたら良いかを考え行動していき
 ます。

 第三段階は、サッカーと同じように俯瞰能力が必要になりま
 す。

 実際に見えているものだけで判断するのではなく、俯瞰する
 ことにより、見えていないお客様の動き、同僚の動きを想像
 して行動していきます。

 第四段階は、プロとしての意識です。
 実際に対応できるお客様は、来店客の一部です。

 多くのお客様にリピーターになってもらい、また良い口コミ
 をしてもらうことで店は成り立ちます。

 となると、面と向かって接客をしていないお客様にも、来店
 して良かったと思ってもらえてこそプロの仕事と言えます。
 全てのお客様を、気持ちを込めてお見送りできるかが、その
 一つのポイントでしょう。

 このようにみてくると、接客とプロスポーツは、非常に似て
 いると言ってもよいのではないでしょうか?


 では次回、お会いしましょう。

***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● 心理すれ違い スプーン編 ●
  
よくある出来事??

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_6.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪
スポンサーサイト
【2017/12/29 09:00】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
甘え上手
 今日は、「甘え上手」について書いてみたいと思います。

 甘え上手というと、良い意味よりも悪い意味に捉えられてし
 まうかもしれません。ですが接客において、この甘え上手は、
 感じが良いかどうかに大きく影響するように思うのです。

 事例を挙げてみます。


 <事例1 従業員同士>

 A.今にもずり落ちそうな状態で、大きな荷物を抱えて歩い
   ている人がいる。

  自分が行きたい方向に歩いているので、傍に行き

   「お持ちします」

   と声を掛けたら、

   「いいです」

   と断られた。


  B.今にもずり落ちそうな状態で、大きな荷物を抱えて歩い
  ているスタッフがいる。

  自分が行きたい方向に歩いているので、傍に行き

  「お持ちします」

  と声を掛けたら、

  「あ、ありがとうございます」

  と言われた。


 <事例2 従業員同士>

  A.自分の作業が終わったので、忙しそうなところに行き、

   「お手伝いします」

   と言うと、

   「いいです」

   と断られた。


  B.自分の作業が終わったので、忙しそうなところに行き、

  「お手伝いします」

  と言うと、

  「ありがとうございます。助かります」

  という声が返ってきた。


 もちろん状況によってですが、
 あなたはA、Bのどちらに好感を持ちますか?


 従業員同士だけではなく、お客様との関係もそうだと思うのです。

 例えば、来社されたお客様に

 「コーヒーはいかがですか」
 と聞いた時、

 1.「あ、けっこうです」

   と断られる。

 2.「では、コーヒーをお願いします」

   と言われる。

 3.「あ、ありがとうございます。コーヒーが丁度飲みた
かった時でした」

 と言われる。

 あなたはどのような人に好感を持ちますか。


 では次回、お会いしましょう。


***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● ミスコミュニケーション 
        社内対応編 急がなくていいから ●
 
  よくある出来事??
 人間関係の崩れは、すれ違いから起こることが多いのかも……

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_6.html


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪

【2017/12/22 09:00】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
正当化
 -------------------
 ・言われたことは行いました
 ・こちらの問題ではなくそちらの問題です
 ・私は正しい
 -------------------

  事例1)

 ある会社にて

  お客様 「パンフレットをお願いしたのですが、まだ届い
       ていないのですが」

  会社  「いつまでに送るなどとは言っていません。順番
       にお送りしていますので」


  事例2)

 ある飲食店にて

  お客様 「伝票がないのですが」
  接客者 「テーブルに置きました」


  事例3)

 上司と部下
  上司  「この資料を作成しておいてください」
  部下  「かしこまりました」
 
   ~3時間後

  上司  「資料、出来ましたか」
  部下  「いえ、まだ作成していません。いつまでに作成
       して欲しいとは言われなかったので、今日中に
       はする予定でしたが」



  会社側、接客者側、部下側の立場からすると、事実を言っ
 ているとも言えます。

  事例1は、確かにいつまでに送りますなどとは言っていま
 せん。順番に送ると言っているのも、間違いではないでしょ
 う。

  ですが、客側からすると、2,3日で届くと思っていたの
 かもしれません。

  事例2では、お客様が伝票がないと言っていますが、自分
 はテーブルに置いたので、自分の責任ではないという主張が
 含まれる言葉を発しています。

  事例3では、いつまでに作成して欲しいと言わなかった上
 司に問題があると言わんばかりの言い方です。

  この3事例とも、自分は問題がないということを正当化し
 たような言い方です。

  さて、お客様、上司の立場からするとどうでしょう。

  事例1では、せめて、立て込んでいるため、一週間はかか
 りますなどと言ってほしかったのではないでしょうか。

  事例2では、伝票がない場合、どうしたら良いのかと途方
 にくれているのかもしれません。

  事例3ですが、上司から頼まれた仕事は、基本的に優先順
 位が高くなります。

  ということは、上司はすぐやってくれると思っていたので
 はないでしょうか。
  他の仕事をしていて時間が掛かるようであれば、そのこと
 を伝えてほしかったのではないでしょうか。

  どのように対応したらよいのか、状況に応じて異なります
 が、相手の視点に立って言動を行うことが求められるでしょ
 う。

***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。



≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客の壺 ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。
今日のテーマ「正当化」と連動した内容の動画です。

● 心理すれ違い篇 上司と部下(2)~片づけてください~ ●
http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_4.html

 ● 心理いろいろ編 上司と部下(2)●
http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_5.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪
【2017/11/24 09:00】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つもりの発信源とは
 …………………

 上司と部下の会話事例です。

 上司 「山田さん、今回の打ち合わせの件ですが、山下さん
  に伝えてくれましたか」

 山田 「伝えました」

 上司 「山下さんは不参加だったので聞くと、聞いていない
  と言っていました」

 山田 「えー。伝えたつもりですが……」

 …………………

 「言った」「伝えた」は、発信者です。
 受信者は、「聞いていない」「伝えてもらっていない」とい
 う時があります。

 なぜそういうことが起きるのでしょうか。

 発信だけで確実に伝わっているかどうかが確認されていない
 からです。

 そうなると、言っていたとしても、確実に伝わっていなけれ
 ば「言ったつもり」「伝えたつもり」になってしまいます。

 相手は、何気なく聞いている時があります。そのため、聞い
 たこと自体を忘れてしまいます。

 そうすると、「言った」「伝えた」としても、人によっては
 「聞いていない」「伝わっていない」と言うでしょう。

 相手が認識して初めて「言った」「聞いた」ことになり、
 「伝えた」「伝わった」ことになります。

 相手のせいにすることは簡単ですが、相手のタイプを見て、
 (というのは、一度言っただけで問題が発生しない人もいる
 ので)どうしたらしっかりと伝わるのか、発信者が考えてい
 く必要があります。

 また自分のタイプも知らなくてはなりません。
 自分は言ったつもりでも、相手に伝わるように言っていない
 という場面のほうが案外多いように思われます。

 まずは、「言ったつもり」「伝わったつもり」にならないよ
 うにいかに発信していくかは重要な課題でしょう。

 
 **** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。



≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● 心理いろいろ編 上司と部下(1)~(3) ●

 よくある出来事??
 人間関係の崩れは、すれ違いから起こることが多いのかも……  

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_5.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪

【2017/11/17 18:00】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気づきの三段階
-------------
 ・気づきの相手視点とは?
 ・感性による気づきの違い
 ・まずは気づける自分づくり
 ------------

 第一段階は、「気づく」「気づける」という段階です。


 まずは気づきがなければ、何も始まりません。

 ですが、何に気づけば良いのかがわからないと思っている人
 もいるでしょう。


 そんなに難しく考える必要はありません。
 身近なことで言えば、

 『○○さんは髪が長い』
 『○○さんのネクタイは縞模様だ』

 という感じででいいのです。

 それこそ今日は暑い、寒いとか、道を歩くと、良い香りのす
 る樹があるなど、何でもいいのです。

 気づくためには、まずはそちらに意識を向けていかなければ
 なりません。

 その訓練をしていると、違いに気づくようになります。

 上記の事例を活用すると、

 『○○さんは髪を切った』
 『○○さんのネクタイは、あれ、今日はドットだ』

 などと。

 これが変化に気づくということになります。

 「気づき」は、変化だけではありません。
 ですがまずは、変化に気づく訓練をしていると、それから派
 生する点への気づきも増えていきます。

 最初は意識的に行っていても、それがだんだん身についてい
 きます。


 第二段階は、気づいたことを言ってみたり行動に移してみた
 りの段階です。

 「○○さん、髪を切ったね」
 「○○さん、いつも縞模様のネクタイなのに、今日はドット
 柄ですね」

 という感じです。


 第三段階は、相手の視点になって気づきの量を増やしたり言
 ってみたり行動に移してみたりしていきます。

 例えば、第二段階で、

 「○○さん、いつも縞模様のネクタイなのに、今日はドット
 柄ですね」

 と言うと、

 「すごいね。よく見ているね」

 と言われる場合と、

 「恐いな」

 と言われる場合があるでしょう。

 全ての方が、同じ反応をするわけではないのです。

 どんな時、どんな人は、どのような反応をするのか。

 特に、なぜ「恐い」と言われたのかへの「気づき」が必要で
 す。
 そうすると、相手に応じて、言ったほうが良いのか、
 言わないほうがよいのかへの気づきをしていこうとします。

 また、相手の寒そうな素振りをみたら、

 「寒いですか」

 と相手の表情・態度を読み取り、声を掛けます。

 このように第三段階は、変化だけではなく、相手の視点に立
 って、相手の表情・態度を読み取り、言動を行っていく段階
 とも言えるでしょう。
 そして、意識しなくても、無意識にできることを目指してい
 く段階とも言えるでしょう。

***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● ●心理すれ違い編 上司と部下(1)(2)  ●

 よくある出来事??
 
    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_4.html


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪
【2017/10/27 09:44】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。