スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
売りたいの気持ち   VOL.212
━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013/11/07号 ━

            経営者編 VOL.212

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪


┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客の壺 気づきのエッセイ   11/6(水)更新
└──────────────────────────────
  Sekkyaku(接客)について、いろいろな角度から綴った
  エッセイです。接客のヒントとして、ご活用ください。

 ●販売員のタイプ●

  あなたは、次のサービスのどちらが良いと感じますか。
  電気店の事例で見てみましょう。
  トースターを見にきました。今日、特に買って帰ろうとまでは
  思っていません。下見の感覚です。
  トースターの辺りを見ている時・・・

  続きは コチラ
   ⇒http://www.monitayu.co.jp/tsubo/tsubo_essay.htm
 
┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客サービス研修
└──────────────────────────────
  ●接客サービス研修とは

   接客サービスの基本の習得を目的とした【基本研修】と
   貴社コンセプト・オペレーションを踏まえた接客サービスの
   習得を目的と【カスタマイズ研修】があります。


   接客サービス研修の詳細は
    ⇒ http://www.monitayu.co.jp/kensyu/sekkyaku.htm
    ※貴社のご予算に応じた研修プランをご提案致します。


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪≪


───────────────────────────────
■売りたいの気持ち
───────────────────────────────
 
こんにちは。筒木です。

 プレジデント2013年.11.4号の、「なぜそこに気づかないのか?」と
 いう企画の中で、セブン&アイ・ホールディングス代表の鈴木敏文氏
 の記事をご紹介します。

 大タイトルが「たくさんの売りたい」があなたの目を曇らせる と
 あります。
 ここで7つの提案がなされています。

 ………

 「値段を下げて売る」のは× 「いいものを売る」のが○

 「ライバルに勝つ」のは×  「ライバルはいない」のが○

 「上質または手軽な商品」は×「上質かつ手軽な品」が○

 「ネクタイの役割は『首に巻く布』である」は×
 「ネクタイの役割は『新しさ』である」が○

 「過去の経験をもとに考える」のは×
 「未来から現在を逆算する」のが○

 「みんなもしているから」は×「誰もしないから」が○

 「全国制覇」は×      「地域で一番」が○       

 ………

 「値段を下げて売る」に関しては、1つの事例として、スーパーがあり
 ます。
 隣のスーパーが100円で売っていたら、うちはそれよりも安く売る、
 という方法です。安くなければ顧客がこないのでという理由のもとに、
 隣と、またその隣と価格競争をします。
 どうみても、互いに首を絞めていることはわかっていても、そうしな
 ければ、顧客が来ないのでという理由に戻っていきます。
 ですが着眼点は、価格ではないということに気づき、そこへのチャレ
 ンジが必要ということです。

 「ライバルに勝つ」は、それこそ、ブルー・オーシャン戦略と言える
 でしょう。

 「上質または手軽な商品」は、どちらかではなく両方を追い求めると
 ころにあります。

 「ネクタイの役割は『首に巻く布』である」は、機能ではなく、
 楽しさということでしょう。そうすると、発想が広がってきます。

 「過去の経験をもとに考える」は、ブレイク・スル―の考え方といえる
 でしょう。現在の延長線上ではなく、将来、どうありたいかによって、
 今を生きます。そうすると、ありたい姿に、確実に近づいていきます。
 今だけを見ていると、行きたい方向とのブレが生じてきます。
 
 「みんなもしているから」は、他と一緒では選ばれないということで
 しょう。違うから、選ばれる可能性が出てくる。

 「全国制覇」は、スケールメリットという考え方は重要ではありますが、
 店舗で言えば、一店舗一店舗が地域で選ばれなければ、全国もないとい
 うことではないでしょうか。

 鈴木氏の記事を、自分なりに解釈してご紹介しました。

では次回、お会いしましょう。

 
スポンサーサイト
【2013/11/08 16:05】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5Sの心  VOL.222 | ホーム | 浸透させる、浸透させない  VOL.212>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/371-d8764a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。