コンセプト変更
━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/12/12号 ━

                経営者編 Vol.258

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┓─────────────────────────────
┗■ 顧客期待と顧客期待認知
└──────────────────────────────

 会社のコンセプトを考える、また、見直す時
 顧客の期待をきちんと認知できているかは
 とても重要なポイントではないでしょうか。

 顧客期待と顧客認知について、アカデミックに分析しています。

 ● 顧客期待水準と従業員の顧客期待認知 ●

 詳しくはコチラ
http://www.monitayu.co.jp/sekkyaku/kitai_backno/3_cs-operation.htm


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コンセプト変更
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 こんにちは。筒木です。

 年末に近づくと、雑誌の整理整頓を始めます。
 チラ読みしていた雑誌を取り出し、再度読み直してみたり、整理
 の対象にしたりします。

 今日は、週間ダイヤモンド2014年8月9日、16日の合併号の中に書
 かれていた「最強のテーマパーク」という記事から、話題を取りあ
 げたいと思います。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、ハリーポッター
 導入で、V字回復ということは知られています。
 さて、そのハリーポッターを導入するのにかかる費用450億円をいか
に捻出したか。

 
 2004年6月から、経営危機に陥っていたUSJの社長に就任したガ
 ンペル社長は、戦略変更をしたそうです。

 それまでの映画のテーマパークを意味する「パワー・オブ・ハリウ
 ッド」から、「ファミリー・エンターテイメント」へのコンセプト
変更です。
 これは、米国のユニバーサル・スタジオのコンセプトを覆すもので
 す。

 経営危機に陥っている現状を踏まえ、「ファミリー」へ大きく舵を
 切っていくということは、経営の根本さえも覆すことになります。

 それがたまたま当たったのではなく、顧客ニーズがそこにあると確
 信したのでしょう。

 このコンセプト変更と現状あるアトラクションを、少し形を変え、
 方法を変えることで、売上を上げていきました。
 その資金が、USJ導入への後押しをしていったのです。

 コンセプトを大きく変えて、成功するところ、逆に失敗するところ
 があります。

 このUSJの件は、顧客ニーズをしっかりと見据えコンセプトを変
 更するだけではなく、成功に導くために何をするかということが
 重要であるということを、教えてくれているようです。


 では次回お会いしましょう。
スポンサーサイト
【2014/12/13 09:00】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<接客とは | ホーム | 見る、伝える、実行する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/406-5c0721d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |