慣れからの脱却

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/02/20号 ━

            経営者編 Vol.262

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
接客の壺 気づきのエッセイ  !!

■ 一粒の飴  ~ 心遣い・コミュニケーション ~ ■
      
    『 業務をして「ありがとうございました」 だけではなく、
ちょっとした会話ができ、何となく温かい気持ちに……』

  一粒の飴  ~ 心遣い・コミュニケーション ~
@続きはコチラ

          ▼  ▼  ▼  ▼  ▼
http://www.monitayu.co.jp/tsubo/essay/3kokoro/17_1ame.htm

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■慣れからの脱却
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。筒木です。


 先日、調剤薬局で薬をもらう時、薬剤師の方から、先生に問い合わせて
 処方致しましたと言われました。

 話を聞くと、1日3回飲むところが、1日1回夕食後になっていたような
 のです。

 こういうことがけっこうあるので、問い合わせをして、きちんと対応
 しています、と言われました。

 薬剤師の人は、私たちは良い仕事をしています、と言いたかったので
 しょう。
 
 薬は病気の改善に飲むものですから、間違っていると、改善に役立た
 ないどころか、たいそうな問題を引き起こす可能性もあります。

 間違いはあってはいけませんが、あるものと前提にすると、どこで食い
 止めるか。
 一番の問題は、案外慣れが大きいかもしれません。

 わかっていることに関しては、自身のチェック機能が甘くなりがちです。

 この対策として、電車に乗る時、ホームにいる駅員さんが、

 「前方よし、側面よし」などと声に出し、指さしを行っていることが
 参考になるのではにでしょうか。


 慣れに対して、どのように対策を立てていくか。
 この対策は、ミスを大きく減らすことになるように思われます。

 
 では次回、お会いしましょう。
スポンサーサイト
【2015/02/21 09:00】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<接客の2つの考え方 | ホーム | 闇鍋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/410-f840e7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |