人との関係が大きくなる時代

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/01/07号 ━

            経営者編 Vol.286

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

   @@@ 社内目標のヒントが満載! @@@

  日常の身近な題材を毎月の目標にしてみませんか?
      
      ■ おススメ目標!!! ■
  
        おはようございます
 
      ~コミュニケーションの壺~

 働く仲間全員が気持ちよく感じるような挨拶が出来ることは……
↓   ↓   ↓
http://www.monitayu.co.jp/tsubo/mokuhyou/communication/1_ohayou.htm

 ※ 目標は、A4サイズに印刷できますので、朝礼テーマなどに
   ご活用いただけます。(^^)

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人との関係が大きくなる時代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 明けましておめでとうございます。筒木です。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。


 長年、接客を切り口に、社員教育の現場に携わってきました。

 接客といっても、仕組みと人間力とで大きく分かれ、仕組みが強化さ
 れてきた時代が、長く続いています。

 例えば仕組みの一つであるマニュアル。人により対応が異なるのでは
 なく、平準化を目指せば、全体としてブレが少なくなります。
 ブランドイメージの強化にもなるでしょう。

 マニュアルがあれば、チェックする側も、マニュアル通り行っている
かチェックしやすくなりますし、チェック者側のブレも少なくなりま
 す。
 もちろん、これからもマニュアルや仕組みは重要な課題でしょう。
 情報の共有化は、目指す目的も明確化していくからです。


 もう一つの「人間力」についてですが、益々重要になってくるように
 思われます。
 例えば価値観の異なる人との人間関係構築がそうでしょう。外国から
 の就業者及び日本人同士であったとしても、多様な価値観を持った人
 たちと、いかに人間関係を構築していくかは、仕事をしていく上にお
 いて、今まで以上に注力する時代に入ってきているともいえるのでは
 ないでしょうか。

 では「人間力」とは何かですが、内閣府の「人間力戦略研究会報告書」
 によると、「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間と
 して力強く生きていくための総合的な力」とあります。

 構成要素として「知的能力的要素」「社会・対人間力的要素」「自己
 制御的要素」と3つ挙げられています。

 「知的能力的要素」の中には、「基礎学力」「専門的な知識・ノウハ
 ウ」「論理的思考力」「創造力」などがあり、「社会・対人間関係力的要
 素」には「コミュニケーションスキル」「リーダーシップ」「規範意識」
 「他者を尊重し切磋琢磨しながらお互いを高めあう力」、そして「自己
 制御的要素」には、「意欲」「忍耐力」「自分らしい生き方や成功を追
 求する力」など挙げられています。

 「教えてもらう」ではなく、自ら考え、いかに他者との人間関係を構築
 していくかの力が、期待されている時代とも言えるでしょう。
 
 では次回、お会いしましょう。


スポンサーサイト
【2016/01/08 09:02】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<共に育つ | ホーム | 困りごとに着目する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/434-d5918b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |