感じの良い接客と仕組み

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/4/22号 ━

                経営者編 Vol.293

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■感じの良い接客と仕組み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。筒木です。

 感じの良い接客とは、一人ひとりのお客様に応じて対応していくとい
 うことと言っても良いでしょう。というのは、一人ひとりのお客様の
 ニーズが異なるからです。

 ですが、これだけではありません。

 もう一つ大切なことは、接客の仕組みです。

 1人ひとりが、自分なりの対応をしてしまうと、その行動の意味を他
 の接客者が理解できません。

 接客の流れが、仕組みとして接客者が共有していると、他の接客者の
 動きを見て自分の行動が見えていきます。

 接客にも、仕組みが重要なのです。

 感じの良い接客と仕組みをどう捉えるかが次の重要な課題となるで
 しょう。

 一人ひとりのお客様のご要望が異なるので、という点のみで接客がな
 されると、接客者の対応にばらつきが生じます。そうすると、他の接
 客者との連携がとりにくくなります。

 一人ひとりのお客様にご満足いただけ連携がとれる対応をするために
 は、接客においても仕組みが重要なのです。

 一つの事例を挙げてみます。

 お客様が来店されました。後でもう一人来るので、自分のいる場所を
 伝えてほしいと言われました。「かしこまりました」と言って、その
 お客様を案内したとします。
 すでにこれでは問題が生じてしまいます。
 というのは、他の接客者にこのことを連絡しておかなければ、案内し
 ている最中にもう一人のお客様が来店される可能性があるからです。

 これは一つの事例ですが、感じの良い接客をするためには、仕組みは
 重要なのです。


 
 では次回、お会いしましょう。
スポンサーサイト
【2016/04/25 14:35】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<経営者の2つのタイプ | ホーム | 3つの言葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/441-89c44e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |