経営者の2つのタイプ

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/5/27 号 ━

            経営者編 Vol.294

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■経営者の2つのタイプ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。筒木です。

 今日は、経営者を2つのタイプにわけてご紹介します。

 まず1つめのタイプです。いろいろな講演を聞き、本を読み、良いと
 思ったら感化されやすいタイプです。

 すぐ実行はしますが、また他の講演を聞き本を読み、その内容に感化
 されると、今まで行ってきたことを放り出してしまいます。

 このタイプの特徴として、「有名」が、一つの重要なキーワードにな
 っているようです。

 「○○先生が言ったのだから間違いない」

 という感じです。

 ですが、次の新しい情報が入ると、

 「○○先生のほうが良い」

 ということになります。

 こういうタイプの特徴は、自分の確固たる考え方というよりも、有名
 な先生の言葉に振り回されてしまう傾向にあります。

 もう1つのタイプは全く逆です。
 人の話は聞かない、自分の考え方で押し通すタイプです。

 このタイプの特徴は、「百聞は一見に如かず」が、重要なキーワードに
なっています。

 そのため、行く場所は、自分が情報をほしいと思っているところです。
 町の中を歩いてみたり、人の集まるイベントに行ってみたりなど。

 自分の目で見たこと、聞いたことが、一番の情報源です。


 さあ、あなたはどちらのタイプに近い?

 
 では次回、お会いしましょう。
 
スポンサーサイト
【2016/05/28 09:00】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<印象を変える2つの言葉遣い | ホーム | 感じの良い接客と仕組み>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/443-db9238be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |