報告

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/11/25号 ━

            経営者編 Vol.304

━━━━━━━━━ http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



     接客の壺 月間目標のヒント 更新しました!

          『  報 告  』
            
 社内接客・社外接客の取り組みのヒントとしてご活用ください。
   ※印刷してそのまま活用いただけるようにPDFファイルを
ご用意致しております。

     http://www.monitayu.co.jp/tsubo/mokuhyou.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは! 筒木です。

 「接客の壺 月間目標のヒント」をホームページに掲載しています。

 今日は 『報告』について書いてみたいと思います。

http://www.monitayu.co.jp/tsubo/mokuhyou.html


・どこまで報告したらいいのか?
・的を射た報告とは?
・終わった?


上司の立場と部下の立場と2つの面から見てみましょう。

まず部下ですが、上司から指示や命令を受けたら、終了時点で報告を
しなければなりません。
ルーティンワークの報告はほとんど必要ないですが、特別に頼まれた
ことは報告が必要です。

修了後の報告も大切ですが、上司が想像する時間(自分の考え方では
なく上司の考え方に沿うことが重要)よりもかかる場合、途中報告は
 大変重要です。

また報告の基本は、結論からです。

例えばトイレ掃除を頼まれたら、「終わりました」が結論です。
それを「とても汚かった」「掃除道具がどこにあるのか探しました」
など余分なことを言う人がいます。結論よりも、この余分なことを言っ
てしまうのは、一生懸命に掃除をしたことをアピール(無意識にしても)
したいという気持ちがあるからでしょう。

ですが、上司が知りたいのは結論なのです。それ以上聞きたいことが
あれば、上司のほうから質問されるでしょう。またどうしても上司に
伝えたいことがあれば、結論の報告の後にします。

次に上司ですが、部下に報告をする癖をつけてもらう必要があります。
 指示のしっ放しでは部下がやったのかどうかわからず、その仕事の重
 要性を部下に理解してもらえなくなります。

また指示はしたが、そのことをすっかり忘れている上司もいます。
そうなると、部下からすると指示や命令はするが、その後、うんとも
すんとも言ってこない。あの上司の言うことは、実施したほうが良いこ
となのかそれともその場限りのことで、実施する必要がないことなのか
見極めていかなければなりません。部下からすると、実施したところで、
その時間が無駄になってしまう恐れがあることを知っています。

報告は、部下が上司にするだけのことではなく、上司がどのようなこと
を部下に指示したかも影響されていくでしょう。

 
では次回、お会いしましょう。
 
スポンサーサイト
【2016/11/26 10:00】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<連絡 | ホーム |  大 掃 除 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/453-9a32ccf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |