育成についての一つの考え方
 人は、一人ひとり生まれた環境が異なります。
 当たり前のことですが、とても重要なことのように思えます。

 ついそれを忘れて、指導者の価値観で指導をしてしまう面があるから
 です。

 環境が異なれば、考え方、行動も必然的に異なります。


 例えば、朝の「おはようございます」一つ取り上げてもです。

 元気に明るく言う人は、育った環境がそうであり、
 ぼそぼそと言う人は、やはり大きな声で挨拶をするということのない
 環境だったのではではないでしょうか。
 
 どちらのタイプも、それが育った環境であり、それが癖になって現在
 に至っています。


 上司からすると、明るい声で挨拶をする人が良いでしょう。
 ですが、挨拶ができるイコール仕事ができるとは限らないことも
 知っているでしょう。


 また上司の育った環境、つまりどこにこだわりを持つかによって、
 部下の評価は変わります。
 上司数名で同じ人の評価をしても、180度異なることがあるからです。

 では部下を育てるとは何か?

 育った環境をとやかくいうのではなく、また上司の個人的なこだわりを
 持ちだすのでもないように思えます。

 部下一人ひとりを認めることであり、会社の方向性に向かって、いかに
 目的を達成するかという、俯瞰的な考え方が、育成にも大切なように
 思えるのです。


***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。
今回のお題 『違いを理解』 は、カテゴリー【仕事の壺】 から印刷できます。
 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客の壺 ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● コミュニケーション 接客 経営者・部下 すれ違い編 ●

 よくある出来事??
 人間関係の崩れは、すれ違いから起こることが多いのかも……  

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪

スポンサーサイト
【2017/07/07 09:00】 | メルマガバックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新人を育てる | ホーム | 事務用品の管理>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/465-59992f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |