気づきの三段階
-------------
 ・気づきの相手視点とは?
 ・感性による気づきの違い
 ・まずは気づける自分づくり
 ------------

 第一段階は、「気づく」「気づける」という段階です。


 まずは気づきがなければ、何も始まりません。

 ですが、何に気づけば良いのかがわからないと思っている人
 もいるでしょう。


 そんなに難しく考える必要はありません。
 身近なことで言えば、

 『○○さんは髪が長い』
 『○○さんのネクタイは縞模様だ』

 という感じででいいのです。

 それこそ今日は暑い、寒いとか、道を歩くと、良い香りのす
 る樹があるなど、何でもいいのです。

 気づくためには、まずはそちらに意識を向けていかなければ
 なりません。

 その訓練をしていると、違いに気づくようになります。

 上記の事例を活用すると、

 『○○さんは髪を切った』
 『○○さんのネクタイは、あれ、今日はドットだ』

 などと。

 これが変化に気づくということになります。

 「気づき」は、変化だけではありません。
 ですがまずは、変化に気づく訓練をしていると、それから派
 生する点への気づきも増えていきます。

 最初は意識的に行っていても、それがだんだん身についてい
 きます。


 第二段階は、気づいたことを言ってみたり行動に移してみた
 りの段階です。

 「○○さん、髪を切ったね」
 「○○さん、いつも縞模様のネクタイなのに、今日はドット
 柄ですね」

 という感じです。


 第三段階は、相手の視点になって気づきの量を増やしたり言
 ってみたり行動に移してみたりしていきます。

 例えば、第二段階で、

 「○○さん、いつも縞模様のネクタイなのに、今日はドット
 柄ですね」

 と言うと、

 「すごいね。よく見ているね」

 と言われる場合と、

 「恐いな」

 と言われる場合があるでしょう。

 全ての方が、同じ反応をするわけではないのです。

 どんな時、どんな人は、どのような反応をするのか。

 特に、なぜ「恐い」と言われたのかへの「気づき」が必要で
 す。
 そうすると、相手に応じて、言ったほうが良いのか、
 言わないほうがよいのかへの気づきをしていこうとします。

 また、相手の寒そうな素振りをみたら、

 「寒いですか」

 と相手の表情・態度を読み取り、声を掛けます。

 このように第三段階は、変化だけではなく、相手の視点に立
 って、相手の表情・態度を読み取り、言動を行っていく段階
 とも言えるでしょう。
 そして、意識しなくても、無意識にできることを目指してい
 く段階とも言えるでしょう。

***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● ●心理すれ違い編 上司と部下(1)(2)  ●

 よくある出来事??
 
    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_4.html


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪
スポンサーサイト
【2017/10/27 09:44】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つもりの発信源とは | ホーム | 気づいて行動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/472-1403ede9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |