接客はプロスポーツ
 こんにちは! 筒木です。

 本日は、サッカーを事例に、プロ選手として成長する過程と、
 接客との関連性をみていきたいと思います。


 まず、サッカーをしようとすると、第一段階として、ボール
 の蹴り方を知る必要があります。

 もちろん自己流でもよいのでしょうが、蹴り方の基本を教わ
 ると上達が早いでしょう。
 また上達するためには、練習を欠かすことはできません。
 ボールを蹴る為の基本フォームを体に覚えさせていきます。

 第二段階は実践です。試合となると、臨機応変の対応が必要
 になります。基本フォームの応用を体得していきます。
 また自分のチームメイトや相手チームの動きを見て、ボール
 を受けたり、蹴り出していかなければなりません。

 第三段階は、実践は実践ですが、俯瞰の段階です。

 自分の立ち位置からは、フィールドに立つ全ての選手を見る
 ことはできません。
 ですが、味方の動きや相手の動きから想像して、俯瞰するこ
 とにより、どの位置にボールを蹴り出していけば良いかを見
 極めていく能力こそが勝利に結びつくとも言えます。

 第四段階は、プロとしての意識です。
 いくら技術が優れていても、観客がいなければ、プロチーム
 として成り立ちません。観客に楽しんでもらってこそプロと
 いえるでしょう。

 試合後、インタビューを受ける選手が、観客に向かって、感
 謝の言葉を言っているのが、その典型的と言えるでしょう。



 では飲食店や小売店での接客でみていきましょう。

 まず接客をしようとすると、第一段階として、基本的な言動
 を知る必要があります。

 それこそ「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
 の話法や、笑顔であったりアイコンタクトであったり、その
 店にとって必要な基本を習得します。

 第二段階は実践です。お客様の様子を見ながら、同僚の動き
 を見ながら、今自分は何をしたら良いかを考え行動していき
 ます。

 第三段階は、サッカーと同じように俯瞰能力が必要になりま
 す。

 実際に見えているものだけで判断するのではなく、俯瞰する
 ことにより、見えていないお客様の動き、同僚の動きを想像
 して行動していきます。

 第四段階は、プロとしての意識です。
 実際に対応できるお客様は、来店客の一部です。

 多くのお客様にリピーターになってもらい、また良い口コミ
 をしてもらうことで店は成り立ちます。

 となると、面と向かって接客をしていないお客様にも、来店
 して良かったと思ってもらえてこそプロの仕事と言えます。
 全てのお客様を、気持ちを込めてお見送りできるかが、その
 一つのポイントでしょう。

 このようにみてくると、接客とプロスポーツは、非常に似て
 いると言ってもよいのではないでしょうか?


 では次回、お会いしましょう。

***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。


≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓─────────────────────────────
┗■ 接客ワンポイント動画
└──────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

● 心理すれ違い スプーン編 ●
  
よくある出来事??

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_6.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪
スポンサーサイト
【2017/12/29 09:00】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<表情と色から与える印象付け | ホーム | 甘え上手>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/476-316265e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |