FC2ブログ
「統一美」と「個人美」
こんにちは。筒木です。


今日は接客の「統一美」と「個人美」についてのお話です。

統一美とは、みんなが同じ言動をすることを指しています。
例えば、ラインダンスのように同じ高さまで足を上げ、同じ
トーンで掛け声をするという感じです。全員が揃っていると、
美しさが倍増し、与えるインパクトも強くなります。
接客で言えば、入店時、「いらっしゃいませ」と言って、
30度のお辞儀を数名が揃って行うという感じです。
接客話法のように「いらっしゃいませ」「かしこまりました

「ありがとうございます」などと、スタッフが同じ話法を使
うなどもこれに準じています。
マニュアル的な感じと言っても良いでしょう。
統一美は、教育が行き届いている印象をお客様に与えていき
ます。

もう一つの「個人美」とは、一人ひとりの接客者が、お客様
に応じて行う対応を指しています。
喫茶店への来店時で見てみましょう。
1人で来店されても、朝、昼、夜でお客様の心境は異なりま
す。
また誰と来店するかでも異なります。同じお客様であっても、
常に変化しています。そのお客様に対して、毎回同じ対応を
していると、お客様は、マニュアルっぽいと感じるのではな
いでしょうか。
状況に応じて言動が変化すれば、飽きずに再来していただけ
るでしょう。
これこそが、1人ひとりの接客者が、お客様の状況に応じて
行う
「個人美」という接客です。

お子様の対応が得意と思っている接客者は、積極的に家族づ
れに声がけするでしょうし、年配客と話をすることが好きだ
という接客者は、積極的に年配のご夫婦に声がけをするでし
ょう。

接客者一人ひとりの持ち味を生かすことができます。

その会社におけるマニュアル化された統一美は、他社との差
別化になります。
例えば「いらっしゃいませ」を言わずに「こんにちは」と
言ったり「お帰りなさい」と言えば、お客様は、あの店では
入店時の声がけが他店とは違うという認識をされます。

ですが、毎日来店するお客様にとっては、だんだん飽きの対
象にもなっていきやすいとも言えます。

これに個人美がプラスされると、毎回飽きずに来店していた
だけますし、ちょっとした感動も味わっていただけるでしょ
う。

統一美は、会社全体のイメージ戦略、個人美は、一人ひとり
の顧客満足度の向上と言えます。

またこのバランスが重要です。
統一美のウエイトを高めるか、個人美のウエイトを高めるか、
そのバランスが、他企業との差別化とも言えるでしょう。



では、次回お会いしましょう。

 ※今回のテーマは、【効く接客】で視聴できます。
  http://www.monitayu.co.jp/tsubo/kiku2.html


***** *****
お題印刷のイメージ
目標として印刷利用していただけるようPFDファイルをご用意。

 →お題を印刷する方は コチラ

※ホームページでは 『接客の壺 月間目標のヒント』 として接客を切り口に様々なお題を取り上げております。
  画像(左)は、イメージです。



≫≫≫ おすすめ情報 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

┏┓
┗■ 接客ワンポイント動画
 ────────────────────────────

テーマは気づき。 接客を切り口にした1分程度の動画を配信中。

●電話応対 ご予約ありがとうございます!?編 ●

    http://www.monitayu.co.jp/tsubo/movie_10.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ END ≪≪≪

スポンサーサイト
【2019/01/04 10:27】 | 経営者編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< 接客の評価と標準 | ホーム | 人が行う接客とAI>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsubopresident.blog49.fc2.com/tb.php/487-0380d407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |